浪人をして大学生になった時には「薄毛の人」になっていました

三種の神器をゲットし育毛に取り組む!

育毛
35歳 男性 会社員の場合

大学を出て就職してからはずっと彼女がいません。

大学のときは彼女がいたのですが、就職で離れ離れになるのをきっかけに別れてしまいました。

最初に言いますが大学のころは髪はフサフサで、就職してからも25歳くらいまでは問題ありませんでした。

しかし仕事が忙しかったこと、最初のボーナスで買った趣味のバイクに夢中になったこともあり、彼女作りよりも趣味に人生を費やしていたのです。

しかし30歳を過ぎたころからそろそろ彼女が欲しい、結婚したいと思うようになりました。

そして同時に始まったのです、前髪の生え際の後退が。最初はなんとなく生え際のラインがちょっと上がってきたかな、という程度でした。

しかし気になり始めると後退の速度が加速したのか、おでこの広さが指3本から4本、そしてついに5本分くらいまで広がってしまったのです。

このとき33歳。


最初に生え際が後退に気づいてから3年弱が経過していました。このままいくと40歳になる前に頭頂部まで達することは容易に想像がつきます。

そしてそれは結婚どころか彼女を作ることの難易度がハードモードになることとイコールです。

これはまずい!と焦った私は、育毛に手を出すことにしました。

ネットでいろいろと調べましたが、育毛には、サプリやシャンプー、頭皮に塗るタイプの育毛剤、そして飲み薬といった方法がありました。

そのうちAGAの飲み薬は効果が高いようですが、副作用が出る場合があることと、一生飲み続ける必要があることがデメリットとして紹介されていました。

ですので私は育毛方法として、シャンプーとサプリと塗る育毛剤の3つを選ぶことにしました。

まずシャンプーですが、ドラッグストアで買えるものではなく、海外製品を個人輸入サイトで購入することにしました。

その理由は同じような成分であっても値段が安かったからです。

抗真菌系でアミノ酸を成分として含んだノンシリコンシャンプーを選びました。

次にサプリですが、ビオチン・システインといった髪に良いとされる成分を豊富に含んでいる、やはり海外製品を選びました。

最後に育毛剤ですが、ミノキシジルの効果が高いことはわかりましたが、どんな製品を選ぶかはとても悩みました。最終的に国産のロゲインを選びました。

選んだ主な理由としては、海外製は頭が痒くなるというレビューが多かったこと、国産で安定して供給されておりどこでも買えることです。

輸入本数に制限があるらしいという話もありましたし、長期的に使うなら国産が良いかなと思ったのです。

そうして三種の神器をゲットした私は、育毛に取り組んでいきました。

アミノ酸シャンプーを毎晩使い、サプリを毎朝飲み、育毛剤を朝夜に塗る生活です。

そして一日も休まずに続けて現在2年ほど経ちます。

その結果ですが、私の前髪は3年前とほぼ同じ位置をキープしてくれています。

しかし彼女がいないという点もキープしてしまっています。

今度はこっちもなんとかしたいと思っていますが、この点に効果がある適切な薬はまだ見つかっていません。

まだ、髪があるの分諦めずに婚活中です。

可愛い女性の前に薄毛姿で行くのをためらい…

26歳 男性 会社員の場合

会社に入ってしばらくすると、薄毛がひどくなっていきました。

学生時代に薄毛の兆候が出て、それがどんどんひどくスピーディに進行していった感じです。

会社内では「若ハゲ」キャラとして有名になっていて、それはそれで傷つきましたがカミングアウトができている状態でしたので気持ち的には楽でした。

いじられキャラとして先輩にも可愛られましたし、メリットもあったと思います。

ただ社内恋愛は早々にあきらめるしかない状況になりました。

恋愛をしたい私はネットの掲示板を利用して積極的に恋人募集を行いました。

そしてある女性とネット上で意気投合し、そのうちに直接会うことになりました。

薄毛であることを隠してネット上でやり取りをしていましたので、直接会う時は帽子をかぶって行くことにしました。

直接会って、気持ちが通じ合ったところで薄毛だと告白しようと思ったからです。

土曜日の7時に駅前で待ち合わせをすることにしたのですが、午前中に休日出勤をしたこともありバタバタしてしまいました。

マンションを出て、駆け足で駅まで行けば約束の時間に間に合うという感じでした。

駅までの道を半分ほど進んだところである事に気付きます。

「帽子を忘れた」という事にです。

いまから帽子を取りに帰れば約束の時間に間に合いません。

焦る気持ちを感じながら、約束の場所に到着しました。 駅前にはすでにそれらしい女性が立っています。

ネットで知り合った彼女は、自分が想像していた以上に可愛く私の好みにぴったりでした。

だから余計に、「薄毛のまま会えない」と絶望的な気持ちになりました。

結局、彼女の元に行くことができず、彼女とはそれ以来ネットでもやりとりをしていません。

この日を境に薄毛対策に本腰を入れることにしました。

翌日にはAGAクリニックへ行きプロペシアをもらいそれから毎日飲み始め、1年が経ちました。

今では薄かった部分にだいぶ髪の毛が生えてきました。

あのショックがあったからこその今だと思って、最近また恋人探しを始めています。


独身の薄毛は結婚どころか彼女を作ることすらハードモードになる


https://www.赤ら顔を治す.xyz/5.html